しらが染め

  • COLOR image movie

当店のしらが染めについて

  • アミノ酸高配合 フレンズのカラーは髪にも肌にも低刺激です
  • 定番のブラウンから~アクティブなオレンジ・ピンク・レッドなど
  • 上品なベージュ系・アッシュ系 多彩なしらが染め揃ってます。
  • ファッションカラー並みの発色が当店のしらが染めでは可能です
  • しみないカラー剤・取扱い(肌が弱い方でも対応可能)

しらがが気になりだした(出始めた)方へ

  • 基本的に、しらが染めでもファッションカラーでも、色合いに大差ありません。
  • しらがが気になりだした場合、ファッションカラーか?しらが染めか?よくある質問ですが目立つ所になければ ファッションカラーで大丈夫です。
  • 逆に、顔回りや分け目など目立つ所(他人にしらがと判断される所)が多い様ならしらが染めをオススメします(個人差あり)
  • 当店では、しらが染めでもファッションカラーでも、そこそこ明るく染められます。
  • Q)しらがが数本出てきたので白髪染め? A)ファッションカラーで大丈夫です。白髪は多少、カラーでボヤけます。

しらが染めとファッションカラーの違い

  • 2つの違いは・・・薬品が違います。しらが染めの場合、しらがが染まる薬が配合されてます。 ファッションカラーでは、しらがはボヤける程度でキチンと染まりません。
  • 2つの薬品は、縮毛矯正やパーマなど、パーマ系をする施術に影響してきます。まだ白髪染めがあまり必要ない方なら、ファッションカラーの方をオススメします。
  • 高明度のカラー(明るさ10以上~)の場合、しらが染めでは難しくなります。明るいしらが染めは、色味と調合である程度対応できますが・・明るさとしらがが染まるバランスには個人差と限界があります。
  • その他、塗り方の違い放置時間の違いなど。基本的にしらが染めの方が負担が大きくなります。

サロンカラーとホームカラーの違い
メリット・デメリット

  • サロン専用とご家庭用では、薬品の配合が違います(家庭用は基本的に強い)
  • 強い薬品には 副作用としてダメージの問題が生まれます。
  • ホームカラーをし続けてる方が、サロンカラーより痛んでない事は有り得ません。
  • 放置時間・・ 薬品の作用には適正な時間があります。長く置き過ぎれば痛みます。
  • ご家庭用は、内容量が少ない。サロンではその倍近く使用します。
  • サロンカラーのメリット  痛めずカラーできる。ちゃんと染まる。しっかり洗うのでカラーが残留しない。 カラー後の後処理をする。 しっかり仕上げる。
  • サロンカラーのデメリット  お店に行かなけばならない(忙しくて時間がない) 料金がかかる
  • ホームカラーのメリット  家でできる。 夜間でもできる。 安く済む。
  • ホームカラーのデメリット ちゃんと染まらない。 髪が痛む。 家族に手間をかける?(塗ってもらう) 染めた後が大変(シャンプー)片付け。

当店では2回目以降~2ヵ月以内のカラーは¥3000(シャンプー・ブロー込)シャンプーブロー料金を考慮すれば・・・・カラーはプロの技術料含め、実質¥1000程度です。

しらが染めメニュー  (税別) 
¥5000
¥4000
S¥1000~¥2000
¥2000~
¥2000~
¥2000~
2回目~しらが染めメニュー【新規ご利用不可】 税別
¥3000
¥4000
S¥500~L¥2000